ゴルフスライス対策(右手)


スライスしてしまう人のインパクトを見ると、右手の平が上を向いています。フェースが開いていることが多いのです。
この状態でインパクトをむかえれば必ずと言っていいほど、高く上がって右へ曲がる弱々しいスライスになります。

このスライスを直すには右手の平を意識します。

まずはハーフスイングでボールを打っていきます
インパクトでは毎回右手の平を地面の方に向けるようにします。何度も試していくうちにショットはスライスが大きく曲がるフックに変わってゆきます。

今度はハーフスイングではなく、4分の3程度のゴルフスイングで同じようにして打ってみます。そして次はフルスイングという風に変えていきます。
速く振れば振るほど、ショットは真っ直ぐに飛ぶようになります。これは、腕のスピードが上がることでフェースも少し開くようになるからです。

結局は何度も何度も癖付けをする必要がありますがためしてみてください。
やってみてだめというような場合は、やはりレッスンプロなどに指導をしてもらうのがいいでしょう。

最初の段階で躓いてしまうという場合には自己流でこれでいいものかという具合に勝手にやってしまっている場合が多いです。
そうではなく、最初は教えてもらってから正しい方法を徐々に体に植え付けていくというのがよいと思います。

【関連情報】ゴルフレッスンはこちら

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。